開催期間:2018.02.06~2018.09.03



五月湯

大阪府池田市

五月湯

営業情報
営業時間:14:00 ~ 25:00
定休日:木曜日

最寄り駅:阪急宝塚線池田駅徒歩3分
駐車場:10台(店舗南東側)
近隣コインパーキング:東に70m

電話番号:072-753-8807
住所:池田市槻木町5-3
公式サイト:http://osaka268.com/osakasentou/

阪急宝塚線「池田駅」。商店街が見える駅前から、徒歩3分ほど。古くは能勢街道と呼ばれた大通り国道176号線から、少し奥まったところに五月湯が暖簾をかかげています。

コンパクトで可愛らしい外観。五月湯は入りやすさと湯舟の気持ち良さで、遠方からも常連さんが訪れる人気銭湯です。店舗前には10台分の駐車場も完備されています。

店内に入ると、受付は誰でも気軽に訪問できるフロント形式。ロビーには木製のベンチなどが設置された休憩スペースもあり、落ち着きのある空間になっています。

綺麗で清潔な脱衣所から浴室に入ると、奥に長く広がった形の浴室には死角が少なく、ひとめで全体が見渡せる安心感があることに気がつきます。常に目が行き届くので、小さなお子様連れでも安心です。

浴室でひときわ目を引くのは、壁に飾られた富士山の大きなパネル。ご主人のお知り合いが描かれたペンキ絵を拡大パネルにしたもので、なんとも味わいのある色合いの富士山です。

五月湯の醍醐味は、なんと言っても広く作られた主浴槽と水風呂。お湯は地下水から沸かされたもので、水風呂は贅沢にも地下水の掛け流し。元々はいくつかの湯舟があったそうですが、温浴と水風呂を交互に繰り返す「温冷浴」を実践しやすくするために、湯舟を統合して現在の形にされたそうです。

壁には「西式温冷浴のおすすめ」と題された説明パネルがあり、その効能や、体に心地よい温冷浴の入浴方法が説明されています。この五月湯で味わう温冷浴の心地よさに、病みつきになるお客さんも多いそうです。

温冷浴推進の主浴槽以外にも乾式サウナ(有料)や、電気風呂を兼ねた薬湯も用意されています。特にサウナ室にはゆったりとしたスペースがあり、広い水風呂との相性もぴったりです。

五月湯の創業は1932年(昭和7年)。現在2代目となるご主人のお父様が建物を買い取ったことが歴史の始まり。現在のご主人は、20年程前に営業を引き継がれたそうです。こだわりの温冷浴は、同じくスタンプラリーにも参加されている、平野区の末広温泉さん直伝のものだとか。

お店からひとこと

お客様の健康増進にと、当店では温冷浴を推進しております。
心地よいお湯と、こだわりの地下水掛け流しの水風呂を、ぜひご堪能ください。


五月湯

五月湯





平和温泉

大阪府池田市

平和温泉

営業情報
営業時間:14:15 ~ 25:00
定休日:月曜日
2018年8月27日(月)~29日(水)は盆休みです。

最寄り駅:阪急宝塚線石橋駅徒歩2分
駐車場:無し
近隣コインパーキング:北に100m

電話番号:072-761-8196
住所:池田市石橋1-1-5
公式サイト:http://heiwaonsen.com/

阪急宝塚線「石橋」駅から徒歩数分。駅前から伸びる、にぎやかな商店街のアーケード通りを歩いていくと、すぐに「平和温泉」の看板を見つけることができます。

屋号が書かれた一枚板の看板に、濃紺のオリジナル暖簾は、まるで高級温泉のような洗練されたデザイン。店舗横のショーウィンドウには、季節を感じるディスプレイが月替わりで展示されています。

平和温泉は、近くにある大阪大学の学生さんも数多く訪れる、活気のある町の銭湯です。暖簾をくぐった先の下足室には券売機が設置されており、あらかじめ入浴券を購入しておく方式です。必要なものをゆっくり選べるので受付で慌てる必要もありません。

店内の受付はフロント形式。ロビーには湯上がりにひとやすみできるソファーやテーブルも並べられています。よく見るとロビーに置かれている書籍には、銭湯関連の書籍やマンガが多いことに気がつきます。これは銭湯ファンでもあるご主人が集めているものです。

また、店舗ロビーの奥側には、マッサージチェアやフィットネス器具が設置されたリラックスルームもあります。

明るく広々とした脱衣所で着替えを済ませて浴室に入ると、壁に大きな絵タイルが掲げられていることに気がつきます。男湯は富士山が描かれた三保の松原、女湯には金魚が描かれた立派なものです。

湯舟は主浴槽をはじめとして、ジェット、薬湯、電気風呂。無料のスチームサウナに、有料のロイヤルサウナ(ドライサウナ)があり、もちろん水風呂も用意されています。

浴室で使われているのはすべて地下水。平和温泉では水質にこだわり、お湯を綺麗に保つ濾過器に高水準のものを使用しており、特に水風呂には日本初の中空糸膜式の濾過器を採用しています。

平和温泉の創業は1965年(昭和40年)。当時「えのき湯」と呼ばれていた昭和7年築の老舗銭湯を、初代のご主人が買い取ったのが歴史の始まり。それから3度の大きな改築を経て、現在の姿となったそうです。

お店からひとこと

気持ちの良いお風呂にこだわり、お湯の水質はもちろん、店内でもゆっくり過ごして頂きやすいようにしており、多くの学生さんや常連さんにもお越し頂いています。ぜひお気軽にお立ち寄りください。


平和温泉

平和温泉





ゆーとも小松

大阪市東淀川区

ゆーとも小松

営業情報
営業時間:14:00 ~ 24:30
定休日:無休

最寄り駅:阪急京都線上新庄駅徒歩3分
駐車場:3台(店舗向かい側)
近隣コインパーキング:東に60m

電話番号:06-6324-2626
住所:大阪市東淀川区小松1-10-28
公式サイト:http://osaka268.com/osakasentou/

阪急京都線「上新庄」駅から徒歩数分のところにある小松商店街。古い町並みに残るその商店街の一角に、銭湯「ゆーとも小松」の入口が見えてきます。

「炭酸温泉」と大きく書かれた黄色い看板が目印になっています。お洒落なリゾートスパのようなデザインの門構え。屋号の上にかかげられた屋根瓦は、創業当時、千鳥破風と呼ばれる屋根の建物だった頃のもので、長い歴史がある貴重品です。

入口から奥まったところにある暖簾をくぐると、広いロビーとフロント形式の受付。ゆったりとしたソファーやカウンター席までが揃えられています。湯上がりのひととき、歓談を楽しむ常連さんが多い、心地よい空間になっています。広いスペースは、家族連れやカップルでの待ち合わせにも便利です。

脱衣所の床は、大阪では珍しい板張りのデザインで、素足で歩くと心地よい爽快感があります。テーブルセットや、座面が畳になった腰掛けも脱衣所中央に用意されており、湯上がりにほっと一息つける休憩スペースになっています。

浴室は広い2階建ての構造。上下階それぞれで、多種多様なお風呂が楽しめるようになっています。

1階部分には深浴槽、浅浴槽、電気風呂に薬風呂と露天風呂。階段を上った2階部分には遠赤外線サウナ(有料200円)、スチームサウナ、水風呂、浅風呂(超音波・寝風呂)と、10種類ものお風呂が楽しめます。

それぞれの階には個別に洗い場もあり、1階部分は銭湯入口から浴室までがバリアフリーで入浴できるように、考え抜かれた構造になっているのも特徴。多種多様なお風呂を、幅広い年代のお客さんに楽しんでもらえるようにとの工夫です。

また、新陳代謝を高めると言われている炭酸温泉を全館で使用しており、リンスインシャンプーやボディソープなどが洗い場に備え付けられているのも、嬉しい心遣いです。

ゆーとも小松が創業したのは1930年(昭和5年)。実に87年以上の歴史があります。もともとは小松湯という屋号だったそうですが、1987年(昭和62年)に大きく改装して現在の姿になったとき、時代に合わせて、より親しみやすいようにと「ゆーとも小松」に生まれ変わりました。

お店からひとこと

創業からもう少しで90年。今も昔も、多くの地元に皆様にご利用していただいています。2階建ての浴室は、2階は比較的若いお客様に喜んでいただいており、1階はご高齢の方でも、安心してご利用していただきやすいようになっています。たくさんの湯船と、身体が芯からほぐしてくれる炭酸温泉でゆっくりと暖まったあと、ロビーでゆったりとおくつろぎください。


ゆーとも小松

ゆーとも小松





紅梅温泉

大阪市北区

紅梅温泉

営業情報
営業時間:14:30 ~ 24:00
定休日:土曜日、第3日曜日

最寄り駅:JR東西線大阪天満宮駅徒歩5分・地下鉄各線南森町駅徒歩5分
駐車場:無し
近隣コインパーキング:東に50m

電話番号:06-6351-5838
住所:大阪市北区天神橋3-1-25

JR「天満橋駅」または地下鉄「南森町駅」から徒歩5分ほど。
日本一長い商店街「天神橋筋商店」の喧噪から少し離れるようにして揺れる紅梅温泉の暖簾は、下町の風景にぴったりと馴染んで揺れています。

紅梅温泉は、商店街に近い地域独特の空気感と、気持ちの良い常連さんの活気を感じることができる銭湯です。

暖簾をくぐり、坪庭の見える下足室から店内に入ると、受付は昔ながらの番台を残しながら、脱衣所と番台の間をぐるりと壁で隔てた独特の構造。現代の入浴事情に合わせて誰でも安心して着替えることができるように改装されています。

壁紙の柄や雰囲気に、どことなく洋風なデザインを感じる脱衣場。その中央にはテーブルとソファが置かれていて、お客さん同士がゆっくりと団欒できるスペースになっています。

男女浴室を隔てる壁に透明な擦りガラスブロックの装飾や、レトロモダンなブラウンの壁タイル。そして、大阪銭湯の特徴でもある「湯船まわりの腰かけ」が奥側に大きく広がる浴室は、ちょうど浴室奥が一段高くなるような形。

スペースを贅沢につかった浴室空間。そして浴室奥の大きな窓から見える坪庭にも、どことなく、おおらかで懐深い昭和の時代を感じさせます。

浴室中央にある主浴槽は、浅風呂・深風呂の湯船がふたつ。浅風呂の底タイルは色や形が様々で、懐かしい形のかわいいタイルが敷き詰められています。

浴室奥にあるのはジェットバスの湯舟と電気風呂、そしてサウナ後に嬉しい水風呂です。電気風呂は「じっこう風呂(薬風呂)」を兼ねており、電気刺激が強めの通好み。

じっくりと入れる高温サウナ(有料:100円)の綺麗な背もたれは、2016年10月にプチ改装された時に新しくされたもの。気持ちよくお客さんに入浴してもらえるようにという心遣いを感じます。

紅梅温泉の開業は1963年(昭和38年)。3代目にあたる現在のご主人のおじいさんが、この地にあった銭湯を買い取ったのがその歴史の始まりだとか。屋号は当時の町名「紅梅町(現在の地名は天神橋) 」にちなんだものなのだそうです。

お店からひとこと

当店は天神橋商店街も近く、活気がある町並みを、ご入浴前後に楽しんでいただけるかと存じます。気持ちのよいお風呂をご用意してお待ちしておりますので、ぜひお気軽にお越しください。


紅梅温泉

紅梅温泉





ユートピア白玉温泉

大阪市城東区

ユートピア白玉温泉

営業情報
営業時間:6:00 ~ 26:00
定休日:無休

最寄り駅:各線京橋駅徒歩10分・地下鉄長堀鶴見緑地線蒲生四丁目駅徒歩10分
駐車場:15台
近隣コインパーキング:北に170m

電話番号:06-6933-0828
住所:大阪市城東区蒲生2-7-36

色とりどりのお店が立ち並ぶ京橋駅前の喧噪を抜けて、郊外に向かって10分ほど歩いてゆくと、ユートピア白玉温泉の個性的な建物が見えてきます。

赤い三角屋根をいくつも重ねたような外観は、遠くからでもそれをわかるほど。

ゆーとぴあ白玉温泉は、外観が個性的なだけではなく、誰にでも訪れやすいようにとの工夫が行き届いた銭湯です。

建物は2階建て。1階には18台分もある広い駐車場があり、入口すぐに、通りすがりの方でも利用できるタコ焼き屋さんも併設されています。玄関を入って階段を上った2階部分が、カウンター式の受付と浴室になっています。

受付前のゆったりとした休憩スペースは、湯上がり後の一休みや、家族連れ・カップルの待ち合わせにもぴったり。

大きな湯船や電気風呂、サウナはもちろん、定期的に氷がゴロゴロと投入される「氷(こおり)風呂」や、小さなお子さんが楽しく入浴できるようにと作られた「子供用プール」まである浴室は、一人でもファミリーでも大満足の入りごたえです。

主湯や電気風呂、すわり風呂と寝風呂には、湯冷めしにくく健康増進にも良いとされる炭酸泉を使用しており、浴室の壁には東京の銭湯で富士山を描いていることで有名な丸山清人氏のペンキ絵も。

年中無休で朝6:00~深夜2:00までという長い営業時間も、老若男女問わず、どんなライフスタイルの人でも訪れやすいようにというこだわりから生まれたものです。

多彩な湯船とサービスでお客さんを楽しませてくれるユートピア白玉温泉。

その歴史は50年ほど前、大正時代から続いていた銭湯「白玉湯」を、初代のご主人が買い受けたことに始まります。

今は住宅や道路になっていますが、かつて店舗前には澄んだ小川が流れており、その綺麗な水を指して「白玉」としたのが屋号の由来とのこと。

開業当時は番台式の小さな銭湯だった白玉湯を、二代目となる現在のご主人が受け継ぐ時、豪快な性格だった先代から「好きに建て替えてもいい」と許しを得て大工事をした結果、現在の個性的で大きな銭湯になったそうです。

屋号を白玉湯から、より親しみやすいユートピア白玉温泉としたのもその時。

長い歴史と、おもてなしのアイデアに溢れたユートピア白玉温泉には、今日も多くのお客さんが足を運んでいます。

お店からひとこと

子供から大人まで、どなたにでも気軽に気持ち良くご入浴いただけることを第一に営業しています。
仕事前の朝風呂いいらっしゃる方や、ランナーズ銭湯として、ランニング後にご入浴いただける方もたくさんいらっしゃいます。朝6時から深夜2時まで、ぜひお立ち寄りしやすい時間にご利用ください。


ユートピア白玉温泉

ユートピア白玉温泉





諏訪浴場

大阪市城東区

諏訪浴場

営業情報
営業時間:16:00 ~ 23:00
定休日:日曜日

最寄り駅:JR学研都市線放出駅徒歩10分・地下鉄中央線深江橋駅徒歩10分
駐車場:無し
近隣コインパーキング:東に180m

電話番号:06-6962-3431
住所:大阪市城東区諏訪3-9-8

JR学研都市線「放出」駅徒歩10分。または、地下鉄中央線「深江橋」駅徒歩10分ほどの住宅街に諏訪浴場の暖簾が掲げられています。建物に大きな屋号もなく、まるで隠れ家のように控えめな外見ですが、実は雑誌などにも取り上げられたことのある有名な銭湯です。

入口の玄関前には、女将さん手作りの案内看板。誰でも気軽に入れるようにと、屋内の写真や、手ぶらセットなどが案内されています。

諏訪浴場は、昔ながらの銭湯の心地よさを残しながら、入浴しやすいようにとの女将さんの心遣いが行き届いた銭湯です。

受付は番台式ですが、男女ともに目隠しのパーティションがしっかりと設置されており、誰でも安心して入浴できます。番台横には、銭湯の関連本やグッズなども販売されています。これは諏訪浴場を応援している銭湯ファンが持ち込んだもので、中には、他ではなかなか手に入らないものも置かれています。

そして若いお客さんにも人気の「手ぶらセット」は、70円で好きなシャンプーなどをレンタルできるサービスです。貸しタオルも無料で提供されており、本当に手ぶらでも立ち寄れるのが嬉しいポイントです。

脱衣所は、昭和時代にタイムスリップしたかのようなレトロな佇まい。懐かしく、気取る必要のない、落ち着いた空間が広がっています。

そして浴室の奥には、大阪でも有数の見事なモザイクタイル絵が。男湯は安芸の宮島、女湯はかわいいバンビがモチーフです。微妙に色の違う小さなタイルを組み合わせて描かれた絵は壮観です。このタイル絵を見たさに、遠くから訪れるお客さんも多いそうです。

よく見ると浴室の床も、他ではなかなか見ることができない柄のデザインタイル。今ではもう生産をしていない貴重品です。

静かな浴室には、綺麗なお湯が湧き出す深浴槽と、浅浴槽のふたつの湯舟。そのシンプルさに、迷う必要のない深い心地よさを感じます。

豪華なモザイクタイル絵を眺めながら、時間を忘れて湯舟につかるひとときは、なんとも贅沢な時間です。

毎週金曜日の親子ふれあいDayと土曜日には、たくさんのあひるが湯舟に浮かぶ「あひる風呂」も開催。営業終了後に、湯舟にならべられたアヒルたちの姿をツイッターでつぶやく「あひるアート選手権」も人気です。

諏訪浴場は創業から50年を超える老舗銭湯。今日も創業当時の面影を残したまま、気持ちの良いお湯を沸かし続けています。

お店からひとこと

気軽にお立ち寄りいただきやすいように、手ぶらセットや貸しタオルなどのサービスを充実させています。ドライヤーも無料でお使いいただけますので、気軽にお立ち寄りいただいて、昔ながらの銭湯の気持ち良さをお楽しみください。


諏訪浴場

諏訪浴場





第二寿湯

大阪府東大阪市

第二寿湯

営業情報
営業時間:13:00 ~ 24:00
定休日:月曜日

最寄り駅:近鉄各線布施駅徒歩10分・地下鉄千日前線新深江駅徒歩12分
駐車場:無し
近隣コインパーキング:東に110m

電話番号:06-6781-3751
住所:東大阪市長堂2-17-21
公式サイト:http://osaka268.com/osakasentou/

近鉄奈良線 布施駅から徒歩10分。ショッピングセンターのある駅前から住宅街に向かって歩いてゆくと、ぽっと明るい建物の第二寿湯を見つけることができます。

暖簾をくぐった下足室。男湯と女湯を分ける出入り口の中央に飾られているのは先代のご主人の似顔絵。2016年、急に亡くなられた先代は多くの人に慕われ、今でも似顔絵に挨拶をして帰られる常連さんがいらっしゃるそうです。

現在、窯場を守る三代目は先代の息子さん。
先代が作り上げたアイデアと個性があふれる浴室に、自分なりのこだわりを加えた浴室が何よりの自慢。

第二寿湯は先代のご主人が実現したアイデアと、それを守り受け継く息子さんの手によって、個性的で心地よい入浴を楽しむことができる銭湯です。

受付は風情のある番台式(女性側に目隠しのパテーションあり)。
脱衣所の先にある浴室には、他ではなかなか見られない様々な趣向が凝らされています。

パステルカラーの浴室に映える観葉植物は、三代目の丁寧な手入れで鮮やかな緑色を放ち、また、浴室壁にかけられた詰将棋は今でも問題を変えながら、常連さんの楽しみのひとつとなっているようです。

お湯はお肌に良いとされる軟水を、さらにナノテクノロジーで肌に浸透しやすくした「ナノ・ソフトウォーター」を全館使用。

熱めの深浴槽やパルス式の電気風呂。足裏の刺激運動のために玉砂利が敷かれたジェットバス。

赤外線効果を高めるため、備長炭が壁一面に張り付けられた電気式サウナ、 室内に大きな水風呂が併設され、玉砂利が敷き詰められたスチームサウナは、他ではまず見られない趣向です。

スチームサウナ内の水風呂は、親がスチームに当たる間、子供さんも一緒に入っていられるようにという思いから作られたものとのこと。

第二寿温泉の創業は70年~80年前。昭和の初期にさかのぼります。
なぜ「寿湯」の前に「第二」とついているのかは、今では記録が残っていないそうです。

当時は近くに別の寿湯があって、その第二なのか、それとも、あえて第二と名づけることで屋号にハクをつけようと考えたのか。創業当時の時代に思いをはせながら、ゆったりお湯につかるのも良いですね。

お店からひとこと

先代の主人は、銭湯の良さについて「美容と健康」ということをよく口にしておりました。ナノ・ソフトウォーターの軟水や電気サウナの備長炭、足裏を刺激する玉砂利のアイデアも、そのような考えから生み出されたものかと思います。ぜひ、個性的で気持ちの良いお風呂をお楽しみください。


第二寿湯

第二寿湯





永和湯

大阪府東大阪市

永和湯

営業情報
営業時間:14:00 ~ 25:00
定休日:第3火曜日

最寄り駅:各線俊徳道駅徒歩7分・各線河内永和駅徒歩10分
駐車場:7台
近隣コインパーキング:東に90m

電話番号:06-6721-8229
住所:東大阪市永和2-19-12
公式サイト:http://osaka268.com/osakasentou/1894-2/

近鉄、またはJR「俊徳道」駅から静かな郊外に向かって7分ほど歩いたところに、永和湯の建物が見えてきます。

昼間は清潔感のある白い建物のようですが、実は夜になると建物のシルエットを浮き上がらせるような直線ラインと温泉マークが赤く灯されて、とても印象的な雰囲気に変わります。

永和湯は「多くの人に利用して交流してもらいたい」というご主人の心配りが根ざした、地域のコミュニティ銭湯です。

前通りに面した大きな外窓で解放感がある店内には、誰でも安心して入れるフロント形式の受付と、湯上り後のひとやすみにもピッタリな待合室。

浴室は中2階・中地階がある3階構造。
この、空間を効果的に拡張した構造のおかげで、設置された湯舟は種類も豊富です。

深浴槽を中心に、刺激が強めな電気風呂やマッサージ効果の高いジェットバス。瓦屋根と竹壁の装飾で雰囲気のある露天風呂には休憩用のベンチも用意されており、地階部分には水流を利用して歩くことで、痩身運動ができる大きな円形のスクリューバス、打たせ湯なども設置されています。

さらに、お湯は肌に優しく湯冷めしにくい炭酸泉を使用。

湯舟ごとに設置された温度計は、東京の銭湯で見た光景をヒントにご主人が考えたもので、お湯の品質保証の意味が込められているとのこと。温度計の針はどこも一定の数値を示しており、その温度設定は「HSP入浴」と呼ばれる体温を上昇させて免疫力を高める健康入浴法を基準としています。

広い室内にテレビも設置されたフィンランドサウナ(有料60円)と、スチームのラドンサウナ(無料)の2種類のサウナは、どちらもしっかりとした温感で、満足度のあるサウナです。

今ではたくさんの湯舟が楽しめる永和湯も、創業は1950(昭和25年)に、売りに出されていた建物を先代が買い上げて、近隣の銭湯から移ってきたのが始まり。

それ以前から考えると「銭湯」としての始まりは1933年(昭和8年)にまでさかのぼり、実はとても歴史の深い銭湯でもあるのです。

お店からひとこと

どのような方でも気持ちよくご入浴いただけるように、多種多様な湯舟をご用意するとともに、健康入浴にも力を入れており、介護予防・認知症予防として銭湯をご利用いただけるような取り組みを行っています。地域のコミュニティとしても、たくさんの方々にご来店、ご活用いただければ幸いです。


永和湯

永和湯





ラジウム温泉

大阪市浪速区

ラジウム温泉

営業情報
営業時間:6:00 ~ 24:00
定休日:第2,4 木曜日

最寄り駅:各線恵美須町駅徒歩3分・各線新今宮駅徒歩7分
駐車場:提携駐車場(OnePark通天閣60分サービス)
近隣コインパーキング:北に30m(OnePark通天閣)

電話番号:06-6641-3093
住所:大阪市浪速区恵美須東1-4-13
公式サイト:http://www.radium.co.jp/

地下鉄堺筋線、恵美須町のほど近く。
観光名所としても著名な「通天閣」のすぐたもとに、ラジウム温泉の暖簾が揺れています。

のれんをくぐり、下足室から店内に入ると、昔ながらの番台式の受付(女性側に目隠しパテーションあり)の先に、どこかにレトロな銭湯の雰囲気を残しながらも、明るく綺麗な脱衣所が広がっています。

しかし、脱衣所から一歩浴室に入ると、そこはまるで別空間。

浴室の湯船は、銭湯にはめずらしくどれも曲線を描くような優しい形で、壁のタイル使いも個性的。
洗い場の壁面に飾りつけられた絵付けタイルは、先代のご主人が個人でフィンランドのヘルシンキから持ち込んだもので、他でもめったに見られない逸品です。

内湯の湯船は広大な深浴槽をはじめとして、薬湯を兼ねた強めの電気風呂、スチームサウナに、大きなライオンの吐水口が目を引く水風呂。肩こりや心臓にも良いとされる高濃度炭酸泉まで。

さらに、誰もが驚くのが、贅沢な日本庭園をそなえた露天風呂。
ここからは、通天閣を見上げながらの入浴を楽しむことができます。

また、露天風呂には、屋号にもなっている「ラジウム鉱石」が入っていて、リュウマチなどの関節疾患、更年期障害、神経痛や神経症等、様々な疾患に効用があるとされています。

ラジウム温泉の創業は、現在二代目となる通天閣よりも古い1952年(昭和27年)。新世界温泉としてこの地で営業をスタートしたのが始まり。

創業当時から続けている自慢の「朝風呂」には常連さんのファンも多く、観光地という土地柄、外国人のお客様もよく訪れられるそうです。

数々の健康湯船と、露天風呂から望む通天閣の絶景。
ラジウム温泉は、まるで都会の片隅にあるリゾートのような銭湯です。

お店からひとこと

創業以来、ずっと続けている朝風呂は、地元のお客様はもちろん、深夜バスをご利用の方や、観光で訪れられる方など、多くのお客様にご利用いただいています。また、先代が各地より集めた珍しいタイルも浴場内に多数利用しており、そちらもぜひ、ご入浴とともにお楽しみください。
朝6時から、深夜0時まで、皆様のお越しをお待ちしております。


ラジウム温泉

ラジウム温泉





天竜湯

大阪市生野区

天竜湯

営業情報
営業時間:14:00 ~ 24:30
※日曜営業時間:9:00 ~ 24:30
定休日:無休

最寄り駅:JR環状線寺田町駅徒歩3分
駐車場:8台
近隣コインパーキング:南に50m

電話番号:06-6731-8948
住所:大阪市生野区生野西4-12-29
公式サイト:https://tenryu-yu.jimdo.com/

JR環状線「寺田町」駅から徒歩3分ほどの住宅街に、町の大きなお風呂屋さん「天竜湯」があります。

建物の1階部分は10台分のスペース確保した駐車場になっており、車での来訪にも便利です。 受付と浴室は、暖簾の先にある階段を上った2階部分。

天竜湯は、豊富な湯舟を楽しみながら、ゆっくりとリラックスできる銭湯です。

フロント形式の受付前には、椅子とテーブルが用意された広い休憩スペースがあり、ゆったりとしたジャズが流されています。その心地よい音楽はほどよいボリュームで脱衣所まで届き、入浴前からゆったりとした気分に満たされます。

脱衣所で着替えを済ませて浴室に入ると、浴室壁に飾られたぱっと明るい造花の装飾と、湯舟の種類の多さが目を引きます。

ふと見上げれば、日光をたくさん取り込んでくれそうな、天井に大きく開けられた湯気抜き。洗い場のカランは石鹸を使いながらでもお湯を出しやすいプッシュ式で、洗い場によっては湯・水・適温・シャワーと4つもボタンが並んでいて、まるで潜水艦か何かのコックピットのようです。

サウナも合わせると、湯舟の種類はなんと15種類。その日の気分に合わせて、思う存分に好きな湯船での入浴を楽しむことができます。

浴室奥に並んで設置されている備長炭サウナ(高温サウナ)と、ミストサウナ(週替わりでスチームサウナ)は、どちらも入浴料のみで利用できます。特にあたたかい霧が降ってくるミストサウナは、細かなお湯の水滴が身体を包み込んでくれるようで、独特の温浴感が味わえます。

サウナ後に入りたくなる水風呂は、水を美しくする備長炭が沈められたこだわりの湯舟。他にも露天風呂には「源泉浴~若返りの湯~」深浴槽には「ゲルマニウム温浴」と特徴的な湯船の説明があり、湯船を点々としながらお湯の肌触りを味わってみるのも、楽しみ方のひとつです。

もちろん定番の薬風呂や電気風呂、数種類のジェット風呂も用意されており、いろいろな湯舟を楽しんでいるうちに、ついつい、いつもより長風呂に。

天竜湯の創業は約60年前。もとは番台式の銭湯だったものを30年ほど前に現在の形にリニューアルされたとのこと。種類豊富で気持ちの良いお風呂に魅了されて、近隣の方はもちろん、遠くから車で訪れる常連さんも多いようです。

お店からひとこと

お湯にもこだわった豊富な湯舟で、いつでも新鮮な気持ちでご入浴をお楽しみいただけます。脱衣所ではドライヤーも無料でご利用いただけますので、ぜひ気軽にお立ち寄りください。


天竜湯

天竜湯





日之出湯

大阪市西成区

日之出湯

営業情報
営業時間:6:00 ~ 23:00
※営業時間が変更になりました
定休日:月曜日

最寄り駅:各線天王寺駅徒歩7分・地下鉄各線動物園前駅徒歩6分
駐車場:無し
近隣コインパーキング:南に190m

電話番号:06-6649-1350
住所:大阪市西成区山王2-7-9
公式サイト:http://hinodeyu-osaka.com/

大阪市営地下鉄「動物園前」駅から徒歩6分。
昭和レトロな雰囲気を色濃く残した下町の商店街、その通りから少し離れたところに日之出湯の煙突が見えてきます。

暖簾をくぐり、店内への扉を開けた瞬間に驚かされるのが、艶やかに舞う鯉の巨大な天井絵。日之出湯は、個性的なアートに彩られた下町の銭湯です。

ぜんぶで108匹も描かれた鯉の絵は、壁画家・木村英輝氏の手によるもの。実に半年もの期間をかけて描かれた力作だとか。もちろん、木村英輝氏の作品が鑑賞できる銭湯は、ここだけです。

番台式(女性側に目隠しパテーションあり)の受付から、懐かしみのある脱衣所、そして浴室へ。

プラスチック製が多い洗面器の一部が「オリジナルの金だらい製」となっているあたりに、鯉の天井絵と同じく個性へのこだわりを感じます。

湯船は深浴槽をはじめとして、群馬県の伊香保温泉を再現した薬風呂や、電気風呂、ジェットバス。さらに温度高めの高温風呂や、備長炭の入った黄金色のタイルの水風呂と種類が豊富で、フィンランドサウナ(無料・ただしバスタオル必要 ※貸バスタオルは\100)もキリッとした熱さで快適です。

豊富な浴槽の中でも露天風呂が美肌効果・健康増進効果が高いと言われる「水素風呂」となっているのが大きな特徴です。

もともと露天風呂は定期的に入浴剤を入れ替える「変わり風呂」だったそうですが「日之出湯ならではのお風呂」をお客さんに楽しんで欲しいと導入を決断されたとのこと。2017年の設備導入当時は大阪初となる試みだったそうです。

浴室の壁は高価なスペイン製タイル、露天風呂の奥にある美しい装飾タイルも希少価値が高いもので、見過ごしてしまいそうな所にも、天井の鯉のように「日之出湯ならでは」のこだわりが行き渡っています。

日之出湯の創業は1954年(昭和29年)。京都などで銭湯を営んでいた先代のご主人がこの地へ移転してきたのが始まり。

1982年(昭和57年)に浴室を今の形に改装し、三代目となる現在のご主人が経営を引き継がれてからも、お客さんに喜んでもらうために、様々な工夫を凝らし続けているとのことです。

お店からひとこと

天井の鯉の絵画は、壁画家・木村英輝氏が実際に日之出湯に来店され、インスピレーションから「描きたい」と仰ったことから実現しました。ここでしか見られない天井絵とともに、他ではなかなか味わえない「水素風呂」をお楽しみいただければと存じます。


日之出湯

日之出湯





桐壺温泉

大阪市平野区

桐壺温泉

営業情報
営業時間:14:00 ~ 23:30
※日曜営業時間:7:00 ~ 23:30

定休日:月曜日
最寄り駅:地下鉄谷町線平野駅徒歩5分
駐車場:6台(小型3・普通3)
近隣コインパーキング:東に130m

電話番号:06-6702-3606
住所:大阪市平野区平野西5-7-9
公式サイト:http://kiritsubo.net/

地下鉄谷町線「平野駅」から徒歩5分ほど。大通りから住宅地に入ると、オレンジ・イエローストライプの明るいテントに「きりつぼ」と屋号の入った桐壺温泉が見えてきます。

暖簾をくぐって中に入ると、まずあるのは下足室を兼ねた休憩スペース。その窓から見える坪庭には、大きな鯉が悠々と泳いでいます。休憩スペースの壁には沢山の似顔絵が飾られていますが、なんと、これらはすべて若女将さんの作品。若女将さんは、銭湯に貼られているポスターのイラストなども手がけられています。

桐壺温泉は、多彩なアイデアとアート感に心が躍る、楽しい銭湯です。

休憩室から先、男女別の扉を開けると番台式の受付があります。もちろん、女性側の脱衣所にはしっかりと目隠しが施されていているので安心です。

脱衣所でまず気になるのが、番台近くのテーブルに所狭しと並べられた、たくさんの駄菓子。男性側の脱衣所にはロボットがビールを注ぐマシーンも飾られていて、そのカラフルな光景は、子供さんなら一目で夢中になってしまいそう。

テーブルを囲んだ形に並べられたマッサージチェアーも、気の合う常連さん同士がマッサージを受けながら談笑している姿が目に浮かぶようです。

浴室に入ると、男女浴室を仕切る壁に、大きな富士山のペンキ絵が。この富士山も若女将さんの手描きによる作品。優しい色使いで丸いシルエットの富士山は、浴室全体を明るい雰囲気にしています。

洗い場には「3連カラン」。お湯・水のほかに「適温」のレバーがついた、めずらしいタイプです。

浴室は岩風呂風の露天まである本格派。やや温度が高めの主浴槽に、寝風呂、電気風呂、水風呂などが用意されています。浴室奥にあるサウナは、入浴料金のみで利用可能。

浅風呂の底には鯉の形をしたタイルが使われていて、綺麗なお湯に、いきいきと鯉のシルエットが映えています。

桐壺温泉は1964年(昭和39年)創業。若女将さんのおじいさんにあたる方が創業したとのことですが、なぜ「きりつぼ」という屋号なのかも、今でははっきりとした理由はわからないそうです。

お店からひとこと

来ていただける方に、気持ちよく入浴して頂き、楽しんでいただけるよう、工夫しています。 ぜひ、あちこちに隠れている「かえる君」に会いに来てください。


桐壺温泉

桐壺温泉





戎湯

大阪市平野区

戎湯

営業情報
営業時間:15:00 ~ 24:00
定休日:木曜日

最寄り駅:地下鉄谷町線平野駅徒歩7分
駐車場:2台(お問い合わせください)
近隣コインパーキング:南に220m

電話番号:06-6792-6454
住所:大阪市平野区平野本町5-8-7
公式サイト:http://osaka268.com/osakasentou/

地下鉄谷町線「平野」駅から徒歩7分。昔ながらの風情がただよう住宅地の一角に、戎湯の暖簾が揺れています。

下町の風景にコントラストのように映える、綺麗な白タイルが印象的な外観。掲げられた看板には、お風呂の種類と「ゆ・快・に健康入浴」のキャッチコピーがあります。戎湯は、地元の常連さんが和気あいあいと集う雰囲気に、心も体も温かくなる下町の銭湯です。

暖簾をくぐって店内に入ると、受付は誰でも安心して訪れやすいフロント形式。フローリング床の綺麗な待合室を、時々行ったり来たりしているロボット掃除機は「修行僧のように働くから」と、ご主人が「道元くん」と名付けています。遊び心に溢れ、明るいご主人の人柄も戎湯の魅力のひとつです。

フロント横から男女別に分かれる脱衣所は明るく綺麗で、気持ちよく着替えることができます。浴室に入ると、ふと目にとまる薔薇をモチーフにしたステンドグラスの窓。やや大きめに取られた天井の湯気抜きも採光がよく、昼間は一段と明るい雰囲気でお風呂を楽しめます。床は滑り止めのあるタイルで、お年寄りや子供でも安心して入浴できます。

菱形を二つ並べたような形が印象的な主浴槽。実際に入ってみると、限られたスペースでもゆっくりと手足を伸ばせるように、考え抜かれた形状であることがわかります。主浴槽は大きく二つのエリアに分けられており、それぞれ「やや熱めの深風呂・電気風呂のエリア」と「ぬるめの温度の浅風呂・ジェットのエリア」。体の温まり具合で、使い分けながらの入浴がおすすめです。

浴室奥には高温サウナ(有料100円)と、水風呂も完備。本格的なサウナ入浴も楽しめます。

戎湯は1936年(昭和11年)創業。80年以上の歴史がある老舗です。初代のご主人が酒屋から銭湯経営に転身されたのが創業のきっかけ。いまでも酒屋時代の看板がどこかに残っているそうです。

お店からひとこと

銭湯が地域のコミュニティになればという想いで営業を続けています。おかげさまでお客様の人柄にも恵まれ、居心地のよい銭湯として多くのお客様にご利用いただいています。昼間の明るい浴室にも、ぜひお越しください。


戎湯

戎湯





朝日温泉

大阪市住吉区

朝日温泉

営業情報
営業時間:14:00 ~ 25:00
定休日:無休

最寄り駅:各線長居駅徒歩15分・南海高野線沢ノ町駅徒歩10分
駐車場:7台(店舗より東に20m)
近隣コインパーキング:北に140m

電話番号:06-6692-9808
住所:大阪市住吉区南住吉3-11-8
公式サイト:http://asahi-onsen.com/

各線「長居」駅から徒歩15分または南海高野線「沢ノ町」駅から徒歩10分ほど。初めて訪れても、どこかで見たことがあるような、そんな住宅地の中に、大きな「ゆ」の文字が描かれた、朝日温泉の明るい建物が見えてきます。

暖簾をくぐって店内に入ると、フロント形式の受付をぐるりを囲むようにして、たくさんの駄菓子が並べられているのが目にとまります。その奥には何種類ものお酒が並んでいます。キューバ好きなご主人がこだわって並べているもので、注文すればモヒートなども作ってもらえるそうです。

通りに面した大きなガラス窓からの採光で、フロント前はとても明るくなっています。朝日温泉は待合室だけではなく、浴室の採光も抜群な明るい銭湯です。

脱衣所に入ると、浴室への入口が大きなガラス張りになっていて、明るさへのこだわりを感じる、気持ちの良い空間になっています。

浴室の特徴は、なんと言っても天井の大きな採光パネル。天井に10枚のパネルが設置されており、昼間であれば浴室全体が、まるで露天風呂のような明るさに包まれています。

湯舟は、丸い主浴槽を中心に、ジェット風呂、電気風呂などがあり。浴室奥に、こちらも浴室とは大きなガラス窓で仕切られた露天風呂の空間が広がっています。露天風呂は瓦屋根に竹壁をモチーフにデザインされた風情のある雰囲気。テレビも設置されており、寝風呂のようになった露天の湯舟で、寝っ転がってテレビを見ながらの、贅沢な入浴を楽しむことができます。

有料のフィンランドサウナは座席が2段になった、ゆったりスペース。時折、サウナ石に水分が補給されると、心地よい刺激の熱感を味わうことができます。

サウナの後に入りたくなる水風呂は露天風呂部分にあります。サウナの熱に火照った身体でキンキンに冷えた水風呂に飛び込んだあと、露天の外気で肌を癒す気持ち良さはなんとも言えません。

朝日温泉の創業は大正時代。この場所で店舗として開店したのは1960年(昭和35年)という老舗です。現在のご主人は銭湯イベントを積極的に企画・開催されており銭湯の中でオリジナリティに溢れた競技を楽しむ「オフロンピック」なども有名です。

お店からひとこと

どなたにでも安心して入浴を楽しんでいただけるように、明るさや清潔さにこだわり、清掃にも気合いを入れています。ぜひ昼間にお越し頂いて、明るい浴室で気持ち良い時間をお過ごしください。もちろん夜も、空の色がわかる天窓でお楽しみいただけるかと思います。
毎月8・9日はパクチー風呂も開催しています。ぜひお越しください。


朝日温泉

朝日温泉





新柏原温泉

大阪府柏原市

新柏原温泉

営業情報
営業時間:14:00 ~ 25:00
※日曜営業時間:7:00 ~ 25:00
定休日:第1,3,5 月曜日

最寄り駅:JR関西本線(大和路線)柏原駅徒歩5分
駐車場:24台
近隣コインパーキング:東に90m

電話番号:072-972-3458
住所:柏原市大正1-3-21
公式サイト:http://esento.web.fc2.com/shinkashiwara-onsen/

JR大和路線・近鉄道明寺線の柏原駅。その西口から徒歩5分ほどのところに、新柏原温泉が暖簾をかかげています。

夜になると、明るく光る看板が遠くからでもよく分かります。新柏原温泉は2017年にリニューアルしたばかり。その時に外観の照明もLEDのものに交換されたそうです。

店舗横に大きな駐車場があるのも特徴のひとつ。20数台は楽に駐車できるほどのスペースがあり。遠方から車で来られる常連さんも多いとのこと。新柏原温泉は、さまざまな地域から常連さんがやってくるリラックス・ステーションのような銭湯です。

店内はフロント式の受付と広い待合室。外観と同じく店舗内はとても明るく、ゆったりとしたソファで湯上がり後のひとときを気持ち良く過ごせるようになっています。

広々として清潔感のある脱衣所。そして浴室は丸い湯船がつらなったような可愛い主浴槽と、浴室奥にある、円柱のガラスドームのようになった露天風呂部分が目を引きます。

丸い浴槽は深浴槽をはじめとして、電気風呂や美肌の湯「軟水」が使われたジェットバス。風情ある竹壁を模した装飾が施された露天風呂エリアには、薬湯と水風呂があります。

サウナは赤外線の富士山溶岩サウナ(有料:100円 バスタオルつき)と、ラドンスチーム(無料)の二種類。

富士山溶岩サウナは、富士山溶岩の岩石を電熱器で暖める本格サウナ。この仕組みによって良質な赤外線とマイナスイオンがサウナ室内を満たすようになっており、身体がよく温まるとお客さんにも大好評のようです。

露天風呂部分には「白山開山1300年記念」のパネルが飾られています。白山は石川県・福井県・岐阜県をまたぐ霊峰で、富士山、立山とならび「日本三名山」とのひとつです。銭湯経営者には石川県方面の出身者が多く、白山と銭湯は、実は縁の深い関係があるのです。この白山記念をモチーフとした装飾が見られるのは、大阪府内では新柏原温泉を含めて3軒だけなのだとか。

創業は今からおよそ50年前。当初は番台式で昔ながらのお風呂屋さんだったものを、1991年に時代の変化に合わせてフロント形式に改装し、さらに2017年にサウナを入れ替えるなどのリニューアルを行ったとのこと。

毎月26日には変わり風呂のイベントも実施されており、いつもとは少し違う湯船を味わうことができるのも、楽しみのひとつです。

お店からひとこと

気持ちよく入浴いただけることはもちろん、広い駐車場スペースも設けさせていただいておりますので車でのご来店でも便利にご利用いただいております。LINE@でイベントや変わり風呂などの情報もお届けしておりますので、ぜひご覧ください。


新柏原温泉

新柏原温泉





城南温泉

大阪府池田市

城南温泉

営業情報
営業時間:14:30~24:00
※日曜日は8:00~12:00も営業
定休日:第1,3 月曜日

最寄り駅:阪急宝塚線池田駅8分
駐車場:15台
近隣コインパーキング:東に5m

電話番号:072-751-7489
住所:池田市城南1-2-14
公式サイト:http://osaka268.com/osakasentou/

阪急宝塚線 池田駅から徒歩8分。池田市役所のほど近く。

外からでも大きな窓ガラス越しに見えるカウンター式の受付と、ログハウスのような待合室。その外観からも開放感を感じさせる城南温泉は「町の銭湯は初めて」という人でも、気軽に訪れやすい銭湯です。

脱衣所も明るく、衣類を入れておくロッカーにもしっかりとした鍵が取り付けられており、安心して入浴できるようにとの工夫を、いたるところに見つけることができます。

浴室で目を惹くのは、男女浴室に大きく広がったモザイクタイルは、城南温泉がある大阪府池田市の「五月山(さつきやま)」をモチーフにしたもの。その真ん中に光るのは、同じく池田市の祭り「がんがら火」で灯される大文字焼き。

そんな五月山のモザイクタイルを眺めながら湯船につかっていると、まるで壮大な露天風呂にでも入っているかのような気持ちに。
肌触りの良いお湯は、湯冷めしにくく、新陳代謝を良くすると言われる炭酸泉。

広い高温サウナ(有料200円)と、気持ち良く冷やされた水風呂とのローテーションも満足度抜群で、さらに電気風呂が好きなら、電気刺激の変化でマッサージ効果を高めた「揉兵衛(じゅうべえ)」の湯船も見逃せません。

湯上がりにはカフェバーのように座れる待合室でタコ焼きなどの軽食やビールも楽しめます。

現代的な設備が整った城南温泉ですが、創業は古く1952年(昭和27年)実に65年の歴史があります。
創業以前からあった銭湯物件を現在のご主人が買い取ったのが創業年なので、銭湯としての始まりはさらに過去にさかのぼります。

城南温泉のシンボルとも言える「五月山のモザイクタイル」も、創業当時は大阪城が描かれていたとか。
人に歴史あり。銭湯に歴史ありですね。

お店からひとこと

銭湯として暖簾(のれん)をかかげながら、詩人・田村隆一さんの有名な一節「銭湯すたれば人情すたる」という言葉が頭をよぎることがあります。
どの家にもお風呂がある今だからこそ、人と人の交流がある「セカンド・バス」として、ぜひ銭湯を利用していただきたいと思っています。
大きなお風呂で一日の疲れを落とし、元気な笑顔になっていただけたら嬉しいです。


城南温泉

城南温泉





共栄温泉

大阪府池田市

共栄温泉

営業情報
営業時間:15:00 ~ 24:00
定休日:金曜日

最寄り駅:阪急宝塚線石橋駅徒歩7分
駐車場:11台(店舗より北東に50m)
近隣コインパーキング:南東に100m

電話番号:072-761-9212
住所:池田市豊島北2-4-4
公式サイト:http://osaka268.com/osakasentou/

阪急宝塚線「石橋」駅から徒歩7分。駅前商店街の喧騒から離れた町並みに共栄温泉の看板が見えてきます。

コインランドリーが建物内に併設された、ツートーンカラーの建物が個性的です。入り口から見ると第一印象は小さな銭湯のようですが、浴室は大きな2階建て。共栄温泉は、お風呂の気持ちよさにこだわった老舗銭湯です。

暖簾をくぐって店内に入ると、受付は安心して訪問できるフロント形式。元は番台だったものを改装されていて、フロント前には休憩スペースも確保されています。店内は改装によって現代的なものに生まれ変わっていますが、ロビーの神棚と天井だけは創業当時のまま。よく見ると、その色味に歴史を感じる味わい深さがあります。

ゆったりとしたスペースで着替えも楽な脱衣所の先には、広い浴室空間。外観のイメージからは想像できないような2階建ての広さです。

1階部分には、主浴槽をはじめ、電気風呂やジェット風呂、そして珍しい「塩風呂」の浴槽があります。

今の場所で開業する前、共栄温泉は貝塚に店舗がありましたが、室戸台風で被害を受けて現在の場所にて移転再開した歴史があります。貝塚の店舗では海水を沸かす「潮風呂」があり、そのこだわりを、現在もあらびき天日塩を使った本格的な塩風呂を守り続けているのです。

ほかにも、主浴槽で見られる、金魚や花のタイル柄も見どころのひとつ。

2階部分は、高温サウナ(有料)と水風呂、そして露天風呂のスペースです。サウナ後に水風呂で身体を引き締め、露天風呂の外気でひとやすみ。そんな気持ちのよいサウナ入浴のパターンを、2階部分だけで味合うことができます。

共栄温泉は、現在の店舗で営業をスタートしてから50年以上。最初は湯船が2つの小さな銭湯だったそうですが、平成元年に大改装をおこなって現在の姿に。こだわりの塩風呂は、貝塚店舗時代にも思い入れの深い大女将さんの希望から作られたそうです。御年94歳(取材当時)となった大女将さんは、今でも交代でフロントに座っておられます。

お店からひとこと

バケツ一杯分の天然塩を使用したこだわりの塩風呂は、ミネラル成分が豊富で身体がよくあたたまります。何よりも、お風呂の気持ちよさにこだわってお客様をお迎えしております。ぜひお気軽にお立ち寄りください。


共栄温泉

共栄温泉





昭和湯

大阪市東淀川区

昭和湯

営業情報
営業時間:14:45 ~ 24:30
※土曜日は7:00 ~ 9:30も営業
定休日:水曜日

最寄り駅:阪急京都線淡路駅徒歩3分
駐車場:
近隣コインパーキング:西に70m

電話番号:06-6322-2645
住所:大阪市東淀川区淡路4-33-12
公式サイト:http://morikawashoji.co.jp/

阪急京都線「淡路」駅から徒歩3分ほど。駅前通りの賑やかな商店街から、少し喧噪を離れた場所に昭和湯の個性的な看板が見えてきます。

「ゆ」の赤い文字と、湯舟の種類を案内する黄色い文字が黒地に映える立ち看板に、爽やかな水色グラデーションで彩られた屋号の看板。どちらも、どこか懐かしいような、それでいて新しいような、一目で印象に残るデザインです。

昭和湯は数々の先進的な銭湯イベントを開催し、地域で話題になっている銭湯です。お風呂にライトを浮かべた月見風呂。浴室にレーザーを照射するアート風呂など、不定期で実施されるイベントは面白いものばかり。もちろん、町の銭湯としてのサービスも行き届いています。

暖簾をくぐると、下足室には大きなラドン発生ユニットが設置されています。ラドンは一部の天然温泉にも含まれる成分で。リウマチなどに効果あるとされています。ここで発生したラドンは浴室のラドン風呂に使用されています。

下足室から男女別になった扉を開けると、受付は懐かしい雰囲気の番台式。女性側には、しっかりとした目隠しも施されているので安心です。

脱衣所は「昭和湯」という屋号がぴったりと似合うような、どこか懐かしさを残した雰囲気。レトロなムードの中でも、番台でスマートフォンを充電してくれたり、スーツ用のロッカーが用意されていたりと、お客さんが入浴しやすいようにとの心配りが随所に感じられます。

浴室に入ると、まず目にとまるのは明るいRGBカラーの壁。一見、奇抜なようでいて、その色使いが浴室を華やかなものにしています。洗い場にはシャンプーとボディーソープが備え付けられており、番台では1枚無料の貸しタオルもサービスされていて、本当に何の準備がなくても気軽に立ち寄れるのも昭和湯の特徴です。

浴室で使われているのは、すべて美肌の湯「軟水」。

湯舟は主浴槽に、寝風呂、打たせ湯、水風呂、そしてラドン風呂と充実。打たせ湯は水流が肩部分に落ちかかるタイプと、頭部分に落ちかかるタイプの2種類。ラドン風呂は、ラドン成分が逃げてしまわないように露天風呂のような空間になっています。

浴室奥では、無料のスチームサウナも利用できます。時折補充される高温スチームの後は、体が心地よい刺激の熱感につつまれます。

昭和湯の創業は1934年(昭和9年)。90年以上の歴史がある老舗です。現在4代目となるご主人の曾祖父が創業者にあたるとのこと。

お店からひとこと

駅近ながら、少しだけ町の喧噪から離れた、プチ隠れ家銭湯です。店舗の近くではゲストハウスも経営しており、ご利用者の方は無料でご入浴いただけるサービスも実施しています。店舗周辺の商店街には飲食店も多く、入浴前後には、ぶらりと町の散策もお楽しみいただけるかと存じます。


昭和湯

昭和湯





宝湯

大阪市淀川区

宝湯

営業情報
営業時間:15:00 ~ 25:00
定休日:月曜日

最寄り駅:阪急各線十三駅徒歩3分
駐車場:
近隣コインパーキング:東に5m

電話番号:06-6301-6716
住所:大阪市淀川区十三東3-24-3
公式サイト:http://www.1126juso.net/

阪急各線十三駅の東口から、商店街のアーケードを抜けて徒歩3分。
繁華街の喧噪から少しだけ離れた場所で、宝湯は暖簾をかかげています。

下駄箱のある下足室からの脱衣所への入口は、昔ながらの銭湯では珍しい自動ドア。受付は番台式ながら、男女の脱衣所には目隠しの工夫がされていて、安心して着替えることができます。

浴室に入るとまず目に入るのは「ブラックシリカの湯」と書かれた大きな案内。ブラックシリカとは、北海道の限られた地域でしか産出されない、ミネラル分を多く含み遠赤外線を放出する鉱物の一種で、湯冷めしにくいだけではなく、免疫力を高めて体質を改善すると言われています。

このブラックシリカが贅沢に設置された主浴槽。そしてお湯はすべて肌触りの良い炭酸泉。
そして、さらにリラックスした気持ちにさせてくれるのが、浴室内にうっすらと流れているジャズ・ミュージック。

誰かがジェット・バスの起動ボタンを押すとかき消されてしまうような、そんな絶妙なボリュームで聴こえてくるジャズが、ゆったりとした浴室の雰囲気を演出しています。

電気風呂は刺激が切り替わることでマッサージ効果を高めた湯船。赤外線サウナ(有料\150)や水風呂も広く、サウナが好きな方でも満足した時間を過ごすことができます。

実は女湯のサウナ・水風呂の方が少しだけ大きいのが宝湯の秘密。

1948年(昭和23年)に創業し、1976年(昭和51年)に今の浴室にリニューアルした時、女性の方がサウナは好きだろうと考えた先代のご主人が、女湯のサウナと水風呂を大きくしたとのこと。

三代目となる現在のご主人は、優しい笑顔が絶えないアイデアマン。ブラックシリカも炭酸線も今のご主人がひらめいて導入したもので、脱衣所や浴室を利用した音楽ライブや、子どもや高齢者が楽しめるイベントなども精力的に開催されています。

お店からひとこと

宝湯はターミナル駅である十三駅からも、ランニングコースがある淀川からもほど近く、ランナーの方やハイキング帰りの団体様にもよく利用いただいています。ブラックシリカの湯と炭酸泉で、ぜひ疲れを癒していただければと思います。十三駅周辺には美味しいお店がたくさんありますので、湯上がりの一杯も楽しんでいただけますよ。


宝湯

宝湯





ゆーでるらんど都

大阪市都島区

ゆーでるらんど都

営業情報
営業時間:14:00 ~ 25:00
※日曜営業時間:7:00 ~ 25:00
定休日:月曜日(祝の場合は火)

最寄り駅:各線京橋駅徒歩10分・地下鉄谷町線野江内代駅徒歩12分
駐車場:2台(店舗より北に40m)
近隣コインパーキング:北に40m

電話番号:06-6921-5107
住所:大阪市都島区都島中通3-3-25

JR・京阪の京橋駅から徒歩10分ほど。アーケード商店街「リブ・ストリート」を抜けたすぐのところに「健康・美肌の湯」と書かれた看板と、ゆーでるらんど都の明るい雰囲気の建物が見えてきます。

ゆーでるらんど都は「美肌の湯」である軟水を贅沢に利用したお風呂を、ゆっくりと楽しめる銭湯です。

誰にでも訪れやすいフロント形式の受付と、大きな窓が通りに面して解放感のある待合室。高級マッサージ器が2台とルームランナーが設置された待合室の一角は、まるで小さなフィットネス・ジムのような空間になっています。

また、入口玄関から脱衣所、浴室までの段差をできるだけ少なくしているのも、ゆーでるらんど都の特徴。高齢者の方も安全・安心で入浴することができます。

フロントの受付から男女に分かれる脱衣所は、待合室と同じく、明るくゆったりとした空間。浴室入口には軟水ウォータークーラーが設置されており、入浴前後の水分補給もばっちりです。

浴室の湯舟は、深浴槽をはじめとして、ジェットバス、電気風呂、打たせ湯、水風呂など種類も充実。少し熱めに沸かされた深浴槽はキリッとした熱さで、水風呂と交互に入浴する温冷浴が気持ちよく楽しむことができます。

お湯はもちろん、シャワーも含めてすべて「美肌の湯」の軟水を利用しており、フロント横には、無料持ち帰り用の軟水サーバーや軟水の飲用コーナーまで。

サウナは高温サウナ(有料100円)とスチームサウナ(無料)の2種類が用意されています。どちらもしっかりとした室内温度で、サウナ好き方も納得の入浴感。

ゆーでるらんど都の創業は昭和29年。創業の2年前に建てられた銭湯を買い上げたことが、その歴史の始まりです。

最初は浴槽が2つしかない番台式の銭湯だったそうですが、昭和56に全面改装して、たくさんの湯舟がある浴室が出来上がったとのこと。さらに2001年に大規模なリニューアルを行ない、現在の姿となったそうです。

お店からひとこと

美人の湯と言われる軟水はもちろん、熱めの浴槽とサウナも、お客様にたいへん好評をいただいております。フロントでは軽食などのご用意もございますので、ぜひ、ゆっくりとおくつろぎください。


ゆーでるらんど都

ゆーでるらんど都





第二栄温泉

大阪市鶴見区

第二栄温泉

営業情報
営業時間:16:00 ~ 24:00
※パンフレット記載と異なりますが、16:00が正確な開店時間です。
定休日:水曜日

最寄り駅:地下鉄長堀鶴見緑地線門真南駅徒歩8分
駐車場:6台(店舗より南西に50m)
近隣コインパーキング:南西に60m

電話番号:06-6912-8860
住所:大阪市鶴見区茨田大宮4-19-10

大阪市営地下鉄の鶴見緑地線「門真南駅」を降りると、すぐ目の前に大きなドーム型スポーツ施設「ラクタブドーム」があります。

ラクタブドームから徒歩8分ほどのところにある第二栄温泉。そのご主人は元プロカメラマン。ラクタブドームの専属カメラマンとして、フィギュアの浅田真央選手など有名選手の報道写真を撮影されたこともあるそうです。

第二栄温泉の建物には、銭湯に併設されていることが多いコインランドリーに加えて、なんと写真屋さんが併設されています。これは、ご主人が大学写真部だったことから作られたものです。

第二栄温泉は、お湯の気持ち良さに加えて、その枠組みを超えた様々な活動で注目されている銭湯です。

暖簾をくぐるとフロント形式の受付に明るいロビー。ロビーにはゆったりとしたソファとテーブルが置かれており、ご主人の写真作品が壁に飾られています。

浴室に入ると、手前にはジェット風呂や泡風呂を兼ねた、半円形の広い浅風呂があり、手足をぐんと伸ばして気持ち良い入浴が楽しめます。

全体的に岩風呂のデザインになった浴室奥側には、深浴槽や電気風呂、水風呂や変わり風呂などの浴槽があります。岩風呂の浴槽でお湯につかっていると、それだけでなんだかリゾートに来ているような気分です。

毎週土日、変わり風呂に浮かんでいる「ひのきのプレート」は、間伐材を再利用したご主人のアイデア。

水を大量に利用する銭湯。その水源は川や湖、そして、それを育む緑豊かな山々が育んだもの。ご主人は銭湯を続けながら環境問題にも積極的な活動を行われており、そこから生まれた「ひのきプレート」は林業に関する業界で賞も受賞されています。

岩風呂のさらに奥にあるサウナ室は、ガスを利用した「ガスサウナ」。第二栄温泉は、ガスで銭湯のお湯を沸かす仕組みを始めて導入し、その仕組みを確立したパイオニア銭湯でもあり、お湯を沸かす設備すべてがオールガスで運営されています。

また、お湯は「温泉の入り心地」を追求した人工炭酸温泉を全館で使用。湯冷めしにくく、ほかほか気分の入浴が楽しめます。

お店からひとこと

当店では、身体がじっくり温まる人工炭酸温泉を使用しており、寒い冬でも汗をかけるほど、身体が芯からあたたまるのが特徴です。炭酸濃度は約90ppm。家庭用入浴剤で得られる3倍の濃度で、ぜひ、銭湯ならではの気持ち良さを体感してください。


第二栄温泉

第二栄温泉





巣本温泉

大阪府門真市

巣本温泉

営業情報
営業時間:15:30 ~ 23:30
定休日:火曜日

最寄り駅:京阪本線萱島駅徒歩15分
駐車場:4台(お問い合わせください)
近隣コインパーキング:お問い合わせください

電話番号:072-882-5301
住所:門真市巣本町5-20

京阪本線「萱島(かやしま)駅」から、寝屋川沿いに南へ徒歩約15分。
国道163号線につきあたって川沿いの閑静な風景が開ける頃。昔ながらの住宅地の中に巣本温泉の煙突が覗いているのを見つけることができます。

住宅地の路地奥に暖簾が揺れる風景は、まさに門真の隠れ家。

店内には番台式の受付、レトロな体重計、脱衣所にはテーブルを囲むように置かれたソファ。ほっとするような、どこか懐かしいような、昔ながらの銭湯の風景が広がっています。

それでも番台と脱衣所の間に暖簾の目隠しを施すなど、現代的な入浴スタイルへの配慮も忘れられていません。巣本温泉は、昔ながらの銭湯でありながら、お客さんへの気遣いも行き届いた銭湯です。

死角のない浴室は小さなお子様連れでも安心で、どの場所にいてもほっと一息つけるような空間になっています。

浴槽は深浴槽と広めの浅浴槽、そして電気風呂に、薬湯を兼ねた寝風呂があります。さらに、総ヒノキ壁の高温サウナ(無料 貸バスタオル100円)と、もちろん水風呂も。

お湯は昔ながらの薪沸かし。あたたかいお湯で、体が芯からあたたまります。

巣本温泉は1969年(昭和44年)にこの地で開業して以来、数度の改装を経て現在の浴室になったそうです。サウナの総ヒノキ壁は、なんとご主人のDIY作品。器用なご主人は番台でマジックを披露することも。

湯上り後には、常連さんにも大人気なサーバー式の生ビールや、湯上りの火照った体に心地よいソフトクリームなども番台で注文できます。

ドリンクが冷やされている冷蔵庫の上には、銭湯では珍しい「本場トランプカード」の販売も。トランプカードを購入すると、ご主人がマジック「タネ」をひとつだけ教えてくれるそうでよす。巣本温泉では、お客さんとのコミュニケーションを大切に考え、落語寄席などのイベントも積極的に開催されています。

お店からひとこと

巣本温泉は昔ながらの銭湯ですが、常にお客さんに気持ちよくご入浴いただけるようにすることはもちろん、お風呂以外でも笑顔になっていただけるように、定期的なイベントも開催しています。鉄道の駅からは多少離れておりますが、駐車場のご用意もございますのでぜひお気軽にお立ち寄りください。


巣本温泉

巣本温泉





千鳥温泉

大阪市此花区

千鳥温泉

営業情報
営業時間:14:30 ~ 23:30
定休日:火曜日

最寄り駅:阪神なんば線千鳥橋駅徒歩6分・JR環状線西九条駅徒歩12分
駐車場:無し
近隣コインパーキング:南東に20m

電話番号:06-6463-3888
住所:大阪市此花区梅香2-12-20
公式サイト:http://jitenshayu.jp/

阪神なんば線「千鳥橋」駅徒歩6分。またはJR環状線「西九条」駅から徒歩12分ほどの住宅地に、赤い屋号の看板が印象的な千鳥温泉があります。

店内に入ると、受付は誰にでも訪れやすいフロント形式。そのカウンターにはたくさんの駄菓子が並べられていて、とてもカラフルな光景です。ロビーは通りに面した大きなガラス窓を備えており、明るい開放感があります。座り心地の良いベンチも並べられており、湯上がりのひとときを気持ち良く過ごせそうです。

千鳥温泉の大きな特徴が、ロードバイクや折りたたみ自転車を店内で預かってもらえること。千鳥温泉の裏屋号を「自転車湯」と名付けてしまうほど、自転車好きのご主人が考案したオリジナルのサービスです。

綺麗でゆったりとした脱衣所スペースには、やや低い位置にテレビが備え付けられており、脱衣所の角に備えられたサウナ室からもテレビが見えるように工夫されています。本格的な設備を備え、心地よい熱感を楽しめるサウナ室は入浴料のみで利用できます。

浴室に入ると、富士山の壮大なモザイクタイルが奥側に広がっています。ほとんど壁一面をつかった豪華なもので、小さな色タイルを組み合わせて描かれた風景は実に見事。

浴槽は、やや温度が高めの主浴槽をはじめとして、子供さんにも入りやすい温度の浅浴槽や、ジェット風呂、電気風呂。サウナとの相性も抜群の水風呂も用意されています。お湯につかりながら富士山のモザイクタイルを眺めると、なんとも言えない贅沢な気分です。

千鳥温泉の創業は1952年(昭和27年)。以降、建物の建て替えや改装を経て現在の形になったようですが、現在のご主人が経営を引き継いだのは2017年9月と最近のことです。銭湯ファンだったご主人が、廃業が決まりつつあった千鳥温泉の経営に名乗りを上げたことで、現在の「新生・千鳥温泉」が誕生しました。

お店からひとこと

銭湯ファン、そして自転車ファンである主人が、気持ち良くご入浴いただけるお風呂にこだわって皆様をお待ちしております。店舗近くにはサブカル書店の「シカク」や居酒屋などもあり、入浴前後の散策もお楽しみいただけるかと存じます。


千鳥温泉

千鳥温泉





大栄湯

大阪市東成区

大栄湯

営業情報
営業時間:15:00 ~ 24:00
定休日:土曜日

最寄り駅:地下鉄千日前線新深江駅徒歩5分・近鉄大阪線今里駅徒歩7分
駐車場:無し
近隣コインパーキング:東に50m

電話番号:06-6976-2039
住所:大阪市東成区大今里南5-17-18

大阪市営地下鉄「新深江」駅から徒歩5分。まるで京都の町並みのように、碁盤の目状の道路が東西南北に走る住宅街を抜けた先に、大栄湯の暖簾を見つけることができます。

どことなく洋風な雰囲気の建物に、よく見るとかわいい手書きの絵が貼られています。これはご主人の息子さんの作品で「来てもらえるお客さんに少しでも優しい気持ちなってほしい」という思いから描かれたもの。

このキャラクターは、店内にもところどころに出現します。
大栄湯は、ふとしたところに、やさしい仕掛けのあるお風呂屋さんです。

暖簾をくぐって店内に入ると、休憩スペースにフロント式の受付カウンター。フロントは番台だったものを、どことなく当時の面影を残したまま改装されており、レトロな風情が感じられます。

休憩スペースにあるソファの脇には、小さなお子さんでも楽しくお風呂に入れるようにと、湯舟で遊べるおもちゃが並べられています。こういった小さなおもてなしが、店内をほっこりした優しい雰囲気にしています。

脱衣所ロッカーのいくつかにも、建物の外にいたキャラクターが潜んでいます。ロッカー扉を開けると、その奥にイラストが貼られているのですが、どれも気持ちが和んでしまうようなかわいい絵ばかりです。

マーブルのタイルが使われたパステル調の浴室は、壁の洋灯、レンガの梁などがポイントになって、外観と同じく、どことなく洋風な雰囲気。浴室奥の階段は2階のスチームサウナへと続いています。

スチームサウナは定期的に蒸気が追加され、新鮮なスチームに感じる強い熱感とその余熱で、変化のあるスチームを味わえます。

1階部分には、深風呂・浅風呂・電気風呂、そして大栄湯の一番の特徴でもある薬風呂があります。

常連さんにも大人気の薬風呂は、刻んだ漢方がつけこんであるだけではなく、浴槽に鳥取県にある三朝温泉の鉱床から焼成したという「タイル999」が使われており、湯船自体にラジウム温泉の効果を持たせたものです。清涼感のある入り心地は、大栄湯以外では、なかなか味わうことはできません。

大栄湯の創業は1950年(昭和25年)創業から70年ほどになります。時代の流れに合わせてカウンター式に改装されたのは15年ほど前。薬風呂の「タイル999」を使っているのは、タイルの用途を相談されたことがきっかけで生まれたご主人のアイデア。息子さんの絵も楽しく、老舗ながら新しい驚きがある銭湯です。

お店からひとこと

おすすめは当店独特の薬風呂。あえて少しぬるめの温度に設定することで、薬効を感じていただきながら、気持ちよく長風呂をしていただけるようにしています。小さな子供さんでも楽しめるお風呂ですので、ぜひ親子連れでもお気軽にご来店ください。


大栄湯

大栄湯





八戸ノ里温泉

大阪府東大阪市

八戸ノ里温泉

営業情報
営業時間:6:00 ~ 27:00
※土曜日はオールナイト営業
定休日:無休

最寄り駅:近鉄奈良線八戸ノ里駅徒歩2分
駐車場:5台(隣接カラオケボックス共有)
近隣コインパーキング:東に90m

電話番号:06-6782-5873
住所:東大阪市御厨南1-1-27

近鉄「八戸ノ里」駅から徒歩数分。
駅前大通りからすぐのところに、八戸ノ里温泉の建物が見えてきます。
草花模様の施されたアーチ状の玄関と、その入口を囲むようにして「YAENOSATO GRAND BATHCENTER」と描かれた文字が、ブラウン調の建物と相まってとてもモダンな雰囲気です。

受付はフロント式。番台だった受付を改装されており、どことなく改装前の番台の場所が想像できるような、少し個性のある形です。男女脱衣所の壁を凹型にする工夫で確保された受付前の休憩スペースは、昨年に出来上がったばかりとのこと。

八戸ノ里温泉は年中無休で、営業時間は毎朝6:00~夜27:00。さらに土曜日はオールナイト営業と、いつ来ても開いているという信頼感とお風呂の気持ちよさで、常連さんが絶えない地元密着の銭湯です。

脱衣所の組み木細工のような壁やブラウンの浴槽枠、浴室内にある船窓のような装飾タイルなど、建物の外観同様、店内にもモダンな雰囲気が漂います。

浴室に入ると、カランが取り付けられた楕円形の湯鉢があることに気がつきます。これは家風呂のある家が少なく、多くの人が銭湯を利用していた頃の名残で、多くの人が同時にカランを使えるように工夫して作られたものです。

浴槽は主浴槽に、ジェット、電気風呂、薬風呂に水風呂と種類が豊富。お客さんに気持ちよく入浴して頂けるように、季節によって温度を調整されているとのこと。
3人分のスペースがあり、高い位置からお湯が落とされる打たせ湯にはなんとも言えない迫力があります。

また、浴室奥にはスペース広めの高温サウナがあり、無料で利用できます。

八戸ノ里温泉が開業したのは1986(昭和61年)。もともとあった銭湯の建物を買い上げ、数度のリフォームを経て現在のスタイルに。およそ30年の歴史がありますが、長い営業時間は当時からずっと続けているとのことです。

お店からひとこと

いつ来てもお客様に温かいお風呂を楽しんでいただけるよう、営業時間を長くしてお迎えしております。年中無休で、毎日朝風呂から深夜まで、土曜日はオールナイトでご入浴いただけます。ぜひお越しください。


八戸ノ里温泉

八戸ノ里温泉





入船温泉

大阪市西成区

入船温泉

営業情報
営業時間:6:00 ~ 24:00
定休日:月曜日

最寄り駅:各線新今宮駅徒歩3分・地下鉄各線動物園前駅徒歩3分
駐車場:無し
近隣コインパーキング:北に160m

電話番号:06-6641-2681
住所:大阪市西成区萩之茶屋1-6-3
公式サイト:http://www.irihune.co.jp/

大阪市営地下鉄「動物園前」駅から徒歩3分。ディープな大阪が楽しめる観光スポットとしても人気の高い町並みを歩いてゆくと、屋号とともに掲げられた、大きな「ゆ」の看板が目を引く入船温泉があります。

暖簾をくぐった下足室には券売機があり、受付前にここで入浴券や、必要であればシャンプーや貸しタオルの券を購入しておきます。券売機で券を購入しておけば、受付で財布を取り出して慌てる必要もなく、大きいお札しかなくても気軽に入浴できるのが便利です。

下足室から男女別に分かれた扉を開けると、受付は昔ながらの番台式。もちろん、現代の入浴事情に合わせて、女性側にはしっかりと目隠しのある構造になっています。

入船温泉はレトロな銭湯の風情を残しながらも、モダンな雰囲気にも彩られた下町の銭湯です。

高級なマッサージチェアも設置された脱衣所は、まるでリラックスルームのような雰囲気。安心して着替えることができる、居心地の良い空間になっています。綺麗な板張りの壁や、天井のデザインには、どことなくモダンで洋風な雰囲気が感じられます。

浴室にも、脱衣所と同じくモダンな雰囲気のデザインが生かされています。西洋の城壁を連想させる質感が個性的な浴室壁や、洗い場に埋め込まれた船や城の立派なレリーフタイル。浴室奥に使われた、ヨット上空を飛ぶカモメの絵タイルにもこだわりを感じます。

湯舟の種類も充実しており、ジェット風呂や電気風呂などを備えた大きな主浴槽に水風呂。そして岩風呂のようなデザインになった露天風呂(男湯のみ)もあり、露天部分の一角では強力な打たせ湯も楽しむことができます。

入船温泉の創業は1954年(昭和29年)。初代のご主人が銭湯を建てたのが歴史の始まりで、現在のご主人は3代目にあたります。年々、観光客が増加している西成エリアで、現在は銭湯以外にもホテルなども経営されており、ホテルに宿泊されているお客さんは、入船温泉へ無料で入浴できるサービスも実施されています。

お店からひとこと

広い湯舟はもちろん、毎朝6時からの朝風呂も、多くのお客様に楽しんでいただいています。USJからも近く、観光エリアにもなっている地域ですので、銭湯周辺の散策も楽しいですよ。ぜひ一度お立ち寄りください。


入船温泉

入船温泉





湯処あべの橋

大阪市阿倍野区

湯処あべの橋

営業情報
営業時間:12:00 ~ 24:00
定休日:木曜日

最寄り駅:各線天王寺駅徒歩5分・阪堺上町線天王寺駅前徒歩5分
駐車場:5台(60分無料、店舗向かって左側)
近隣コインパーキング:北に40m

電話番号:06-7890-1126
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-7-25
公式サイト:http://www15.plala.or.jp/abenobashi/

JR・地下鉄「天王寺駅」または近鉄「あべの橋駅」から 徒歩5分ほど。
巨大ショッピングモール「あべのQ's MALL」に隣接した立体駐車場の一階部分に「湯処あべの橋」 の暖簾が揺れています。

暖簾越しにも覗える広い下足室や、明るい店内。にぎやかな都会に溶け込むような佇まい。「湯処あべの橋」は、どこかに昔ながらの銭湯の良さを残しながらも、どなたでも気軽に気持ちよく入れるようにと考え抜かれた現代的な銭湯です。

下足室の下駄箱鍵は100円を投入(利用後に返却)するタイプ。脱衣所のロッカーも同様になっています。これは間違ってカギを持って帰ってしまうことを防ぎ、大切なロッカースペースをお客さん同士が公平に利用できるようにするための工夫です。

店内に入るとフロント形式の受付と、高級マッサージ器やゲーム機、テーブル席が複数設置されている広い待合室。待合室というよりもリラクゼーションスペースに近い快適な空間になっています。

少し控えめな照明で照らし出された浴室は驚くほど広く、とても落ち着いた雰囲気です。土壁のようにも見えるモルタル製の天井が、空間の個性的なアクセントのようにも見えますが、これは天井から冷たい水滴が落ちてこないように工夫した結果なのだとか。

浴室には「白湯」と「天然温泉」の大きな浴槽が左右の壁にそれぞれ設置されており、さらにその浴槽をスペースごとに区切ることで、深浴槽・浅浴槽・ジェット・電気などの入浴が楽しめるようになっています。天然温泉はご主人の実家でもある「天然温泉テルメ龍宮」から毎日搬送されている温泉水を使用しており、本格的な温泉入浴でゆったり過ごすこともできます。

広い室内の高温サウナ(有料200円)とスチームサウナ、そして高価な金色タイルが浴槽の底に使われた水風呂が浴室奥のスペースにまとめて設置されており、サウナでの温冷浴がはかどります。

浴室内でもテレビが鑑賞可能となっており、浴槽につかりながら、またはのんびりと休憩しながらテレビを眺めているお客さんが多いことも印象的です。

「湯処 あべの橋」がこの場所で営業開始したのは今から14年前。それまでは近隣で「阿倍野橋温泉」として営業をしていましが、あべの駅周辺の再開発にともなって、建て替わった現在の店舗で営業をされるようになったそうです。

建物は新しくなっても、昔から続く和気あいあいとした雰囲気で、今でも店内は賑わっています。

お店からひとこと

何よりも気楽に来ていただける銭湯、どなたでも入りやすい銭湯であることを第一にして営業しております。スーパー銭湯のような心地よさを味わっていただける庶民派銭湯として、ぜひ気軽にお立ち寄りください。


湯処あべの橋

湯処あべの橋





末広温泉

大阪市平野区

末広温泉

営業情報
営業時間:14:00 ~ 24:30
定休日:金曜日

最寄り駅:地下鉄谷町線平野駅徒歩10分・JR関西本線(大和路線)平野駅徒歩16分
駐車場:17台(店舗裏手の北側と東側)
近隣コインパーキング:北西に90m

電話番号:06-6703-5356
住所:大阪市平野区背戸口2-1-19
公式サイト:https://www.suehiro-onsen.net/

地下鉄谷町線 平野駅から、住宅が立ち並ぶ郊外へ向けて10分ほどのところに末広温泉が暖簾をかかげています。

屋号の横に描かれた特徴的な「声を出せ 力を出せ 明るさを出せ…」という文言は、たくさんの人を元気にしたいという末広温泉の願いを言葉にしたものです。

綺麗で明るい待合室と、カウンター式の受付。
脱衣所の専用スペースに飾られた瑞々しい生け花が、おもてなしの心を感じさせてくれます。

浴室にも店舗前に書かれていた「力を出せ」の文言が掲げられており、さらに「何よりも子供の健やかな成長が大事」という想いから、ドロシー・ロー ノルト氏の著書「子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)」から引用された、子育てに関する一節も大きく掲げられています。

ほかにも「温冷浴をせずに帰るお客様は、高級レストランでライスだけ食べて帰るようなもの…」というユーモラスな掲示も。

浴室のいたるところにある掲示を指して「修行銭湯」と呼ばれることもあるそうですが、わざわざ遠くから車で訪れる常連さんが多いことが、末広温泉のお風呂が「何よりも心地よい修行」であることを証明しているかのようです。

人気があるために改装で広くしたというこだわりのサウナ(有料\100)は、身体の芯からじっくり温もる、ほどよい温度設定。

そして何よりも末広温泉が推奨しているのが、掲示にもあるとおり、湯船と水風呂を行き来しながら入浴する健康法である「温冷浴」。

温冷浴の効果を高めるために、主浴槽の温度は高めに設定されており、2つ用意された大きい水風呂は「肌触りが良いから」と、掛け流しの地下水が利用されています。もちろん、熱いお湯が苦手な方でも、少しぬるめに設定された湯船があるので安心です。

湯上がりのひととき、キチンと並べられた最新の漫画雑誌や週刊誌を、脱衣所でのんびりと読めるのも魅力のひとつ。
週間少年ジャンプの今週号を読みながら、火照った身体をひとやすみさせるお客さんも多いようです。

末広温泉の開業は大阪万博のあった1970年(昭和45年)。周辺がまだ田畑ばかりの頃に、銭湯用地を取得した知り合いに頼まれて、今では息子さんが経営を引き継いでいる大阪日本橋の「末広湯」から分業してきたのが歴史の始まり。末広湯という屋号が日本橋の元祖店舗と一致しているのは偶然で、用地取得の書類がそうなっていたことによるものだとか。

お店からひとこと

お客様に気持ち良く入浴していただくこと、そしてお客様の健康を願い、末広温泉では温冷浴をおすすめしております。 サウナと熱湯の湯船、掛け流しの水風呂をぜひお楽しみください。
また、子供の大事さを次の世代につなげたい。そういうった想いで掲げた浴室内の掲示にも気持ちを込めています。ぜひご入浴の際には、ご一読いただければと存じます。


末広温泉

末広温泉





めがね温泉

大阪市生野区

めがね温泉

営業情報
営業時間:14:00 ~ 24:00
※日曜営業時間:9:00 ~ 24:00
パンフレットに一部ミスがありました。朝風呂は日曜日のみです。
定休日:不定休 ※店舗HP参照

最寄り駅:JR関西本線(大和路線)東部市場前駅徒歩20分
駐車場:4台(小型のみ)
近隣コインパーキング:南に40m

電話番号:06-6758-0619
住所:大阪市生野区田島4-2-20
公式サイト:http://esento.web.fc2.com/megane

JR大和路線 天王寺から一駅離れた「東部市場前」駅から、交通量の多い今里筋に沿って北に徒歩20分ほど。大通りから住宅街に少し入ったところに、めがね温泉の明るい雰囲気の建物が見えてきます。

「めがね温泉」という少し変わった屋号は、暖簾をかかげる大阪市生野区が、創業当時はめがねで使うガラスレンズの一大産地であったことにちなんだもの。地元の誇り、そしてそこに住む人々への愛情に溢れた屋号なのです。

めがね温泉は、その地域に密着した屋号に応えるかのように、地域のお客さんが数多く訪れる下町の人気銭湯です。

店内に入ると受付は誰にでも入りやすいフロント形式。その前に広がる休憩スペースは通りに面したガラス張り開放感のある空間になっています。大きな備え付けソファーも座り心地よく、湯上がり後のひと時をゆっくりと過ごせそうです。

休憩スペースで販売しているドリンクなどは、常にお客さんを飽きさせないようにと、定期的に種類を入れ替えられています。その他にも暖簾や、店内に張り出したポスターを細かく変更するなど、ふとした部分でも色々な工夫をほどこされていることも人気の秘密です。

脱衣所から浴室への入り口は出窓のような大きなガラス張り。休憩室同様に、明るく気持ちの良い開放感があります。

浴室は湯船はもちろん、カラン、シャワーなどの全設備で「美肌の湯」と言われる軟水を使用。

それぞれ特徴のあるサウナは、熱した溶岩石からの赤外線で身体が芯かたあたたまる阿蘇溶岩サウナと、マイナスイオンが豊富なラドンスチームの2種類。どちらも入浴料金のみで利用できます。

露天風呂には肌に良いとされるブラックソルトとピンクソルトを定期的に入れ替えて溶け込ませており、軟水との相乗効果で美肌効果も高いそうです。主浴槽は北海道でしか産出されないと言われる幻の天然石「ブラックシリカ」を利用して温浴効果を高めたものです。

他にも電気風呂、ジェットバスなどの浴槽があり、ひとつひとつの浴槽が特徴的で飽きることがありません。

「めがね温泉」としての創業は1955年(昭和30年)。ただし銭湯としての歴史はさらに古く、当時の屋号など詳細は不明だそうですが、少なくとも大正時代から営業していた記録が存在しているそうです。それほど昔からこの地でお湯を沸かしながら、今でも変わらず地元の方々に愛され続けていることに、時代を経ても変わらない人情の暖かみを感じます。

お店からひとこと

常にお客様に気持ちよくご入浴いただけるように、そして新鮮な気持ちでご来店いただけるようにと心掛けております。全館に軟水を使用した「美肌の湯」のお風呂を、ぜひお楽しみください。


めがね温泉

めがね温泉





姫松温泉

大阪市住之江区

姫松温泉

営業情報
営業時間:14:00 ~ 24:00
定休日:月曜日

最寄り駅:地下鉄四つ橋線住之江公園駅徒歩10分・南海本線住吉大社駅徒歩10分
駐車場:無し
近隣コインパーキング:南に130m

電話番号:06-6681-0567
住所:大阪市住之江区御崎2-5-1
公式サイト:http://esento.web.fc2.com/himematsu/

地下鉄四つ橋線「住之江公園」駅から徒歩10分ほど。広大な敷地の住之江公園に隣接して広がっている住宅街の一角に、赤い「ゆ」の看板が印象的な姫松温泉の建物が見えてきます。

暖簾をくぐると、布袋さんの立派な木彫り像が。いかにも福を呼んでくれそうな立派なものですが、実はこの布袋さん、季節によって様々な格好に変身するそうです。ちょうど時期が12月だったこともあり、訪問時はサンタさんの格好をしていました。

姫松温泉は、清潔感のある浴室とゆったりした湯舟はもちろん、所々に感じる遊び心が楽しい銭湯です。

玄関の扉を開けると、受付は昔ながらの番台式。もちろん、女性側にはしっかりと目隠しのパーテーションが施されているので安心です。

広いスペースの脱衣所は、将棋やオセロ、トランプなどの貸し出しがあり、近所の子供達の人気スポットになっています。脱衣所の奥にはスロットマシンが設置されており、これも獲得したコインで景品がもらえる面白い仕掛けです。

浴室は白いタイルに黒い目地が映える、とても清潔感のある雰囲気です。主浴槽をはじめ、ジェット風呂、電気風呂、水風呂など、種類豊富な湯舟はゆったりと広く、どのお風呂を選んでも気持ち良く入浴できます。

浴室奥にあるのは薬湯を兼ねた露天風呂。その窓からは綺麗に手入れされた坪庭が見え、なんとも風情のある空間になっています。薬湯も成分が濃くなるように調整されており、じんわりと体に効いてくる入浴感です。

まるで隠れ家のように、半個室に区切られているのは日替わりバスクリンのラドン風呂。メインの浴室とはまた違ったリラックス空間になっています。

高温サウナは、バスタオル持参であれば入浴料のみで利用可能。もちろん、貸しバスタオル(有料)の用意もあります。

姫松温泉の開業は約60年前。現在のご主人は5年前に経営を引き継がれた銭湯業界の若手ホープ。様々なアイデアを試行錯誤しながら銭湯を盛り上げています。

お店からひとこと

気持ち良くご入浴いただけるよう、湯舟ごとにこだわった温度調整を行っています。温冷浴にも最適な水風呂は15度から16度。ぜひ広い湯舟で、ゆっくりととご入浴ください。


姫松温泉

姫松温泉



営業時間などのご案内

●桜チーム「平和温泉」 2018年8月27日(月)~8月29日(水)はお盆休業です。

●桜チーム「日之出湯」の営業時間が6:00~23:00に変更になりました。

●パンフレット記載の情報に誤りがございました。亀チーム「第二栄温泉」開店時間は16:00~となります。訂正の上、お詫び申し上げます。

お知らせ

【重要】景品の発送につきまして(2018年8月25日現在)
(1)コンプリート景品につき、お待たせしており大変申し訳ございません。随時発送作業を行わせて頂いておりますが、お選び頂いた景品によってお届けにお時間がかかるものがございます。予めご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

(2)景品の「のれん」は人気景品につき、すべての方にお届けできない可能性がございます。希望景品をコンプリート用紙にご記入頂く際は、必ず複数のご希望賞品をご記入いただきますよう、お願い申し上げます。

●スタンプラリー終了後のスタンプについて
スタンプラリーは最終日の9月3日をもってコンプリート景品への引き換えを終了いたしますが、手ぬぐいへのスタンプ押印については、2018年12月31日まで継続させて頂きます。スタンプラリー終了後も、ぜひスタンプ集めをお楽しみください。

●30軒全湯制覇の豪華抽選景品を公開しました!

●おおさか湯らり公式ショッピングサイトがオープンしました!

●大阪府の銭湯は4月1日よりすべて店内全面禁煙となります。ご理解・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

●公式サイト・組合情報のある銭湯について、各銭湯情報にリンクを設置しました。

公式オンラインショップ

─ 参加銭湯(全30湯)─

[スタンプラリーラリー景品について]
各チームごと「5軒達成の缶バッジ」「10軒達成のタオル」は★マークのついた銭湯で受け取れます。景品詳細・コンプリート景品の受け取りについては景品一覧をご覧ください。

参加銭湯 桜チーム

池田市五月湯 池田市平和温泉(★) 東淀川区ゆーとも小松 北区紅梅温泉 城東区ユートピア白玉温泉 城東区諏訪浴場 東大阪市第二寿湯 東大阪市永和湯 浪速区ラジウム温泉 生野区天竜湯 西成区日之出湯 平野区桐壺温泉 平野区戎湯 住吉区朝日温泉(★) 柏原市新柏原温泉

参加銭湯 亀チーム

池田市城南温泉 池田市共栄温泉 東淀川区昭和湯(★) 淀川区宝湯(★) 都島区ゆーでるらんど都 鶴見区第二栄温泉 門真市巣本温泉 此花区千鳥温泉 東成区大栄湯 東大阪市八戸ノ里温泉 西成区入船温泉 阿倍野区湯処 あべの橋 平野区末広温泉 生野区めがね温泉 住之江区姫松温泉

「おおさか湯らり」とは?

「おおさか湯らり」は、大阪府で暖簾をかかげる有志の銭湯が30湯が集まって、2018年2月6日(風呂の日)から2018年9月3日まで開催される銭湯スタンプラリーです。

大阪府内には、個性豊かでバラエティにあふれた銭湯がたくさん残っています。
そんな大阪銭湯の数々を、ぜひ多くの皆さんに「知って・楽しんで」欲しい。

そこで、銭湯の若手経営者が中心となって活動する「for-U(湯)」のメンバーが、大阪銭湯スタンプラリー「おおさか湯らり」の企画をスタートさせました。

「おおさか湯らり」は、スタンプを集めるごとにもらえる、オリジナルグッズや、レアな景品をご用意しています。ぜひ、ご参加して、大阪銭湯の魅力を再発見してください。 フローラ

スタンプラリー参加方法

「おおさか湯らり」はスタンプラリーの台紙に専用の手ぬぐいを使用します。
(※専用の手ぬぐいは、おまけがついて1枚1000円、スタンプラリー参加銭湯で購入できます)

スタンプラリーは「桜チーム」「亀チーム」に分かれて行われ、手ぬぐいも「桜と亀の2種類」があります。

スタンプのインクは水濡れや洗濯でも落ちにくくなっていますので、ぜひ、スタンプを押した専用手ぬぐいを銭湯でも使ってみてくださいね!

おおさか湯らりでしか手に入らない、特別デザインの手ぬぐいは、そのまま飾っても素敵な記念品になりますよ。

のぼせトル

(1)スタンプラリー専用手ぬぐいを入手しよう!

おおさか湯らりの参加には専用手ぬぐいが必要です。
専用手ぬぐいは、スタンプラリー参加の各銭湯で販売されています。

※専用手ぬぐいは「銭湯マップ」や、引き換えでおおさか湯らり参加銭湯で入浴券として使える(※スタンプラリー開催期間中のみ)「缶バッジ」、「牛乳石鹸」などがセットになって1枚1000円です。

手ぬぐい

(2)参加店舗へ行き、スタンプを押してもらおう!

お店に着いたら、受付(番台・フロント)で専用手ぬぐいを見せてください。
専用手ぬぐいにスタンプを押してもらい、そこでお風呂に入って1軒クリア!

(3)色々な銭湯に行ってみよう!

おおさか湯らりには2つの「チーム」があります。
まずは好きなチームを選んでコンプリートを目指しましょう!
チームによって貰えるコンプリート景品のデザインが違います。両方を同時に回るのも良いかも?!

(4)スタンプを集めて景品をゲットしよう!

スタンプを集めてオリジナル景品をゲットしよう!
さらにチームごとに全軒制覇(15軒)すると、コンプリート景品用の交換シートがもらえます。
何種類かのコンプリート景品の中から、お気に入りの景品を選ぼう!

●景品一覧

・5軒達成:缶バッジ
※缶バッジと引き換えで、おおさか湯らり参加銭湯に入浴可能(スタンプラリー開催期間中のみ)

・10軒達成:オリジナルタオル
※5軒達成・10軒達成の景品は、桜チーム「朝日温泉・平和温泉」亀チーム「昭和湯・宝湯」でお渡しします。

・15軒達成:選べる景品(Tシャツ、トートバッグ、牛乳石鹸詰め合わせなど)
※15軒コンプリートは申し込み用紙をお渡しします。その後、指定浴場でのお渡し、または郵送で賞品をお届けします。

(景品一覧)
・オリジナルTシャツ(ふろ~ら or のぼせトル)
・オリジナルトートバッグ(ふろ~ら or のぼせトル)
・ヤシマ厳選ドリンクセット
・箕面ビールギフトセット
・牛乳石鹸製品詰め合わせ「中箱」
・明治プロビオヨーグルトギフト券
・パクチー風呂の素
・銭湯暖簾

・30軒達成(全湯制覇・20名様抽選)
30軒全制覇(全湯コンプリート)された方には「牛乳石鹸90周年セット」と「ラッキー植松さんの銭湯イラスト・複製原画(ラッキー植松さん手書きによる達成者の名前入り)」を1セットにして、抽選20名様にプレゼントします。
おおさか湯らりでしか手に入らない豪華セットですよ!

軒制覇

のぼせトル

for-U(湯)とは?

大阪浴場組合の事業委員会として、組合の取り組みに並行して新しい行事を提案したり与えられた議題に対し独自に協議する、30~50代の業界若手経営者を中心とした大阪浴場の活性化を目的とする組織です。

今回の銭湯スタンプラリー「おおさか湯らり」はfor-Uの発案により実現した、大阪浴場組合の新たな取り組みです。

公式オンラインショップ

─ 協賛企業 ─

公式Twitter

Tweets by forU268osaka